AutoCrypt MBD

協調型ITSを実現するローカル・エッジサーバ

AutoCrypt CLS(C-ITS Local Station)は、協調型ITS(Intelligent Transport System)への適用に向けたローカル・エッジサーバとして、V2X通信環境におけるエッジ処理を行い、自動運転車両へタイムリーかつ正確な情報配信を実現します。

AutoCrypt CLSは、センサやカメラ情報を用いて検知した周辺車両や移動物体の情報を収集した後、V2Xモジュールを搭載した車両に情報を配信するために近くのRSUに送信します。RSUは、様々なデータをもとに交通情報を作成し、OBU(車載器)へリアルタイム配信を実施します。 AutoCrypt CLSは、素早いレスポンスと低遅延を必要とする協調型ITSの実現とV2Xネットワークの安定運用をサポートします。

AutoCrypt CLSは、カメラ、LiDAR、RADARなどセンサで取得したデータと信号情報を組み合わせて車両の状況と周辺環境を認識するため、V2X通信に参加しない他の車両と位置関係情報も特定できます。これらの情報を総合的に判断し、V2Xメッセージに加工した上でRSUに送信します。これらの情報はRSUからV2X通信に参加する周辺車両に配信され、V2X通信による安全な道路環境を維持することが可能です。また、管制センターとの連携によって、設置された場所に関する情報データの格納・処理とモニタリング機能を提供し、より安全なV2Xシステムの構築をサポートします。

また、取得した情報をもとに交通信号の通知及び警告情報のような様々な交通情報をユーザ端末に表示させるなど、サービス化にも活用できます。AutoCrypt CLSの導入で活用できる情報は以下の通りです。

  • – 危険歩行者の特定
  • – 歩行者端末位置の特定
  • – 危険歩行者との衝突防止
  • – 交通弱者の歩行及び停止進行情報提供
  • – 交通信号の予告及びアラート情報提供

機能

V2Xエッジサーバ機能

路側に設置されるため、周辺の車両や信号情報との通信するほか、RSUとの連携を行い、セキュアなV2Xシステム支援

映像情報をV2Xメッセ時に加工

カメラで記録した映像情報をV2Xメッセージに加工及び配信

協調・自動運転に向けたV2Xセンサシェアリング(SDSM:Sensor Data Sharing Message)機能

アプライアンス型での提供支援

中国・北米・欧州におけるMBD基準に基づき、異常項目に対する幅広いカバレッジを提供

導入メリット

死角による交通事故防止

OBUが搭載されていない車両情報を検知し、
安全性の高いV2Xサービスを実現

サードパーティのRSUやOBUに対応

設置場所で使用されるサードパーティのRSUやOBUと連携で、高い汎用性と拡張性確保

V2X技術を用いたサービスに活用

OBUと連携したサービスや、予告及びアラートサービスなど、交通安全に向けた様々なサービスに活用

AutoCrypt CLSに関する
ご相談やお問い合わせはこちらから

AUTOCRYPTに関する
お問い合わせはこちらから

gdpr-image
当ウェブサイトでは、お客様のニーズに合ったより良いサービスを提供するために、クッキーを使用しています。詳細については「個人情報の取り扱い」をご確認ください。