In-Vehicle System 向けセキュリティ

自動車の電動化及び自動運転技術が自動車業界を大きく変える中、コネクテッド技術を基盤とする様々な先端機能や更なるドライビングエクスペリアンスを体験できるようになりました。

一方、自動車には数え切れないほどの部品が使われており、車載システムは更に複雑かつ高度化しつつあります。機械式の制御からECUによる電子制御を行う仕組みが増え、車載システムレベルでのセキュリティ強化は必須となっています。

自動車サイバーセキュリティに関する国際標準であるWP29は、自動車メーカー(OEM)を含む自動車業界の全てのプレイヤーに対し、車両ライフサイクルの各フェーズにおけるサイバーリスクを管理する義務を規定しています。

アウトクリプトは、OEM及び部品・システムサプライヤーのお客様がW29及びISO/SAE 21434規定に準拠したセキュリティシステムを構築できるよう、包括的かつ柔軟な支援を提供しています。

自動車ライフサイクル全体をカバーする包括的セキュリティ対策

アウトクリプトは、コンサルティング(Consulting)–テスティング(Testing)– 緩和(Mitigation)のステップ・バイ・ステッププロセスを通じて、車両設計・開発を含むライフサイクル全体をカバーし、車両ライフサイクル全体の観点から、組織プロセス及び製品に必要な最適なセキュリティ体制を提案します。

コンサルティング

  • TARA(脅威分析及びリスク評価)
  • CSMS/ISO 21434におけるコンセプトフェーズでの要求事項特定
  • セキュリティエンジニアリングに基づくセキュリティ設計
  • セキュリティ教育

テスティング

  • 脆弱性スキャン(AutoCrypt Security Analyzer)
  • ファジングテスト(AutoCrypt Security Fuzzer)
  • ペネトレーションテスト

ソリューション

  • AutoCrypt IDS
    • ECUセキュリティ
    • 侵入検知・防御システム
    • 車載SOC
  • AutoCrypt TEE
    • TEE標準仕組みの実装
    • Crypto Module

AUTOCRYPTが提案するIn-Vehicle System向けセキュリティ

CONSULTING

WP29対応コンサルティング

自動車のサイバーセキュリティに関する初めての国際標準であるWP29 UN-R155及びISO/SAE 21434への対応として、車両ライフサイクル全体を考慮したCSMS構築及び車両型式認証取得を支援します。

PRODUCT

AutoCrypt IDS

CAN、CAN-FD、Ethernetなど車載通信プロトコルにおける侵入検知・防御システム(IDPS)、ECUセキュリティ、サイバー攻撃の検出と分析及び早期対応を可能にするvSOC構築まで一元的に支援します。

AutoCrypt TEE

通常の実行環境から隔離されたセキュアな実行環境を実装し、クライアント・アプリケーションごとのアクセス制御による多層セキュリティを実現することで、車両データの機密性と安全性を高めます。

SECURITY
TESTING TOOL

AutoCrypt Security Analyzer

車載ソフトウェアに使われるOSSの脆弱性スキャン及び検出を可能にするテスティングツールです。また、SBOMを作成、提供し、ライセンス違反などのセキュリティリスク管理を支援します。

AutoCrypt Security Fuzzer

ECUへの攻撃を試みたり無効なデータを与えることで、ECUが正常に動作するかどうかを確認し、予期しないエラーや突発の出来事に対応できるファジングテストツールを提供します。

TARA Template

Polarion ALM基盤のTARA分析

Cybersecurity TARA Template for Automotiveは自動車サイバーセキュリティに対するノウハウの詰まったガイドラインと手軽に分析が行えるダッシュボード、リスクレベルの自動算定機能の提供およびWP29 UN-R155とAutomotive SPICEへの対応も支援するテンプレートです。

アウトクリプトのIn-Vehicle Sytemセキュリティに関する
ご相談やお問い合わせはこちらから

AUTOCRYPTに関する お問い合わせはこちらから

gdpr-image
当ウェブサイトでは、お客様のニーズに合ったより良いサービスを提供するために、クッキーを使用しています。詳細については「個人情報の取り扱い」をご確認ください。