2024年6月27日

アウトクリプト、自動運転OSの国際業界団体「The Autoware Foundation」に加盟

次世代のモビリティ社会の実現に向けた自動運転セキュリティ及びMaaSソリューションを手掛けるアウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、https://www.autocrypt.jp、本社:韓国ソウル、代表取締役 金・義錫、以下アウトクリプト)は自動運転のオープンソースソフトウェアプロジェクト「Autoware」を主催する国際業界団体「The Autoware Foundation」(オートウェアファウンデーション、所在地:東京都品川区、代表理事:加藤真平、以下「AWF」)に加盟したことをお知らせします。     AWFは自動運転技術の開発と標準化を目指すオープンソースソフトウェア「Autoware」プロジェクトを支援する非営利団体で、AutoCryptはINDUSTRY&GOVERNMENTメンバーとしてAWFに参画します。 アウトクリプトは自動車サイバーセキュリティ分野における専門性を有しており、車載システム向けセキュリティソリューション「AutoCrypt IVS」、 自動車及び交通インフラのためのセキュリティ通信ソリューション「AutoCrypt V2X」を提供し、WP29およびISO/SAE 21434などの最新規格対応を支援してきました。アウトクリプトは自動車サイバーセキュリティにおける経験と知識を活かし、OSSの分析、ライセンス違反や脆弱性を検知することでAWFに参加しているパートナーと共にAutoware開発および安全性の向上に貢献するとともに、 参画企業との共同研究およびプロジェクトを推進し、日本およびグローバル活動を促進していく見込みです。
2024年6月25日

アウトクリプト、アジア・パシフィック地域で初めて自動車サイバーセキュリティのテクニカルサービス機関の資格を獲得

  次世代のモビリティ社会の実現に向けた自動運転セキュリティ及びMaaSソリューションを手掛けるアウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、https://www.autocrypt.jp、本社:韓国ソウル、代表取締役 金・義錫、以下アウトクリプト)はEU向け自動車型式認証および登録を担当するオランダの道路交通局(Rijksdienst voor het Wegverkeer、以下RDW )からアジア・パシフィック地域で初めて「自動車サイバーセキュリティ認証のテクニカルサービス機関」の資格を獲得したことをお知らせします。  ソフトウェア定義型自動車(ソフトウェア・ディファインド・ビークル)やコネクテッドカーをはじめとする自動車関連の技術の高度化につれ、サイバーセキュリティ対策の重要性が高まっています。EUでは、2024年7月から生産される新型車両に対して型式認証にサイバーセキュリティに関する要件(UN-R155、UN-R156)の実装が義務付けられ、2026年からは既存の車両にも同規則への適合が求められています。これにより、自動車メーカーや関連企業はサイバーセキュリティの重要性を再認識し、適切な対策を講じる必要があります。     このたび、アウトクリプトはオランダの道路交通局(RDW)から「自動車サイバーセキュリティ認証のテクニカルサービス機関」の資格を獲得しました。アジア・パシフィック地域で自動車サイバーセキュリティ企業の中では初めてテクニカルサービス機関に指定されました。この資格取得により、アウトクリプトは「国連の車両等の型式認定相互承認協定」に加盟している日本を含む68箇国に対してサイバーセキュリティの構築から型式認証サポートまで、一貫したサービスを提供できる企業となりました。また、アウトクリプトは効率的な型式認証向けテクニカルサービスを提供するために、来る7月にセキュリティテストセンターを開所し、初期審査から定期的な適合性確認までサポートする「AutoCrypt TS」を提供する予定です。     アウトクリプト代表取締役社長の金は次のように述べています。「自動車産業を取り巻くサイバーセキュリティリスクは深刻化しており、サイバーセキュリティは必要不可欠なものとしてその重要性がますます高まっています。弊社が自動車サイバーセキュリティ認証のテクニカルサービスを提供する機関としての資格を取得しただけに日本の自動車メーカーのEUへの進出を積極的にサポートしていきたいと考えています」 
2024年1月11日

アウトクリプト、VINCSSと戦略的パートナーシップを締結

アウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、本社:韓国ソウル、代表取締役 金 義錫/以下、アウトクリプト)はベトナムのサイバーセキュリティ企業であるVinCSS(本社:ベトナムホーチミン、代表取締役:Simon Trac Do/以下、VinCSS)と戦略的パートナーシップ契約を締結したことをお知らせします。    ■背景  自動運転やSDVへの移行が加速している中、自動車に対するサイバーセキュリティ構築の重要性がますます高まっています。また、UNECE WP29が自動車へのサイバー攻撃対策を義務付ける国際基準(UN-R155、UN-R156)を採択したことにより、2024年7月からは全ての車両のライフサイクル全般をカバーできるサイバーセキュリティ対策を構築することが求められています。  アウトクリプトは自動車のサイバーセキュリティ分野における専門的な知識と技術力を有しており 、国連規制への対応に必須となるさまざまなセキュリティツールを開発し、高度化してきました。今年の1月末に開催される「第16回 オートモーティブ ワールド」に参加し、SDVや自動運転車の実現に必要なサイバーセキュリティ対策を紹介するなど、日本の自動車の安全性向上に貢献しています。  VinグループJSCの関係会社であるVinCSSはEVメーカーをはじめ、グローバルサプライヤと協力してOEMのためのサイバーセキュリティサービスを提供しています。グローバル認証を受けた自動車向けサイバーセキュリティの専門チームを持ち、世界中で活動しているベトナムの大手企業です。  パートナーシップ契約を通じて、両社は革新的な自動車向けサイバーセキュリティおよびテストソリューションの開発・提供に向けて協力します。特に、2024年7月からUN-R155、UN-R156の適用が義務付けられる中、サイバーセキュリティが必要な車両に対して適切なセキュリティ措置を素早くかつ効率的に提供することに焦点を当てています。  アウトクリプトの代表取締役である金氏は次のように述べています。「これからの自動車は多くの国際規制と標準に対応できる強力なサイバーセキュリティが必要でしょう。私たちはVinCSSと協力して、ベトナムの自動車サイバーセキュリティの課題に対する革新的なソリューションを提供できることを期待しています」  VinCSSの代表取締役であるTrac Do氏は次のように述べています。「今回のパートナーシップはわれわれがサイバーセキュリティ分野でリーダーシップを発揮できる基盤になると思います。セキュリティファーストという目標を共有する企業との連携に集中することで自動運転の実装と安全なモビリティ社会の実現に貢献していきたいです」 
2024年1月9日

アウトクリプト、「第16回 オートモーティブワールド」に出展。SDV EXPOで最新のサイバーセキュリティを紹介

自動運転セキュリティ及びMaaSソリューションを手掛けるアウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、本社:韓国ソウル、代表取締役 金・義錫、以下アウトクリプト)は、2024年1月24日(水)から1月26日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第16回 オートモーティブ ワールド-クルマの先端技術展-」内の新しいテーマ「SDV EXPO」に出展します。「オートモーティブワールド」はクルマの先進技術分野の世界最大規模であり、過去最多の1650社が出展する予定です。   自動車業界においてソフトウェアの占める領域が拡大しており、特にソフトウェアで定義されるクルマ(SDV)への関心がますます高まっています。この期待に応えるべく、今回のオートモーティブ ワールドではSDVに関するソリューションが一堂に出展するSDV EXPOが初めて開催されます。SDV EXPOでは車載ソフトウェア開発やサイバーセキュリティに関するサービスおよびソリューションをご覧になれます。  今回の出展では、アウトクリプトが目指す「だれもが自由に移動できる社会」の実現に向けた取り組みと15年以上培ってきた当社の自動車サイバーセキュリティ技術、ノウハウが詰まったSDV向けサイバーセキュリティ対策を展示します。また、SDVフォーラムに登壇し、SDV時代に必要な自動車セキュリティに関して説明いたします。    ■SDVフォーラムに登壇  「SDV時代の自動車サイバーセキュリティ対策と国際基準」というテーマでセミナーを開催します。国際法規に準拠する車載セキュリティ設計方法と技術、必要なセキュリティ対策を詳しく説明します。  ◆日時:2024年1月25日(木)15:00~15:30 ◆場所:東4ホール「SDVフォーラム A会場」    ■SDV向けサイバーセキュリティソリューション  車載ネットワークやECUへの侵入監視・防止システム「AutoCrypt IDS」、車載ソフトウェアのOSS分析ツール「Autocrypt Security Analyzer」と車載専用のファジングテストツール「AutoCrypt Security Fuzzer」、UNECE […]
2023年12月28日

アウトクリプト、CES 2024に初出展、 自動車環境全般をカバーするセキュリティ対策を紹介

アウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、本社:韓国ソウル、代表取締役 金 義錫/以下アウトクリプト)は、2024年1月9日から1月12日までアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大の技術展示会「CES2024」に出展いたします。  当日、当社ブースでは、自動車のコネクティビティの基盤となるセキュリティアーキテクチャを実装できる、車載システム向けセキュリティソリューション及びV2Xソリューションを展示する予定です。デモ及び商談などを予定しておりますので、自動車関連ビジネスにおける海外展開や、現地のコンプライアンス遵守などに課題を感じられている企業さまは、是非この機会に当社ブースにお立ち寄りください。    【当社取締役社長 金 義錫のコメント】  SDV時代の到来は、これまでのハードウェア中心の自動車の概念からひっくり返すことであり、多くの企業にはこの変化に対応し、新たなビジネスチャンスで優位を勝ち取るための戦略が求められています。アウトクリプトは、ソフトウェアを中核とした自動車開発において、コネクティビティを実現するための高いレベルの接続性と安全性を両立するソリューションを展開しております。CES2024で紹介する車載システム向けセキュリティソリューションやV2Xソリューションにより、 SDVが生み出す新しい運転体験が可能となることを目指しています。当社ブースにて 最新のセキュリティ技術をご体験ください。    主な展示予定製品・ソリューションは以下の通りです。  ■自動車サイバーセキュリティソリューション  車載システム向けのセキュリティソリューション及びテスティングツールとセキュリティ対策の導入から運用まで一元的な支援を提供します。今回の展示では車載システムへのサイバー攻撃を検出、フィルタリング、防止する車載侵入検知ソリューション「AutoCrypt IDS」とISO/SAE 21434 CSMS構築に必須となるセキュリティテスティングツールを展示します。  Autocrypt IDS▼  https://www.autocrypt.jp/ids/  AutoCrypt Security Analyzer▼  […]
2023年12月18日

アウトクリプト、TARAプロジェクトへ適用できる Polarion ALMテンプレートを提供開始

アウトクリプト株式会社は、ALMおよびPLMシステム構築事業を展開するBranvi株式会社(Branvi Inc.)との協力により、TARAプロジェクトへ早期適用できるテンプレート「Cybersecurity TARA Template for Automotive」を共同開発、提供を開始したことをお知らせします。シーメンスが提供するALM(アプリケーションライフサイクル管理)ツールPolarion環境ですぐに使えるテンプレートにより、Automotive-SPICE等のソフト開発プロセス標準やUN-R155及びISO/SAE 21434等の規格への対応として車載に対する脅威分析及びリスク評価をより用意に実現できるようになります。    ■背景 SDV(Software Defined Vehicle)化が加速する中、車両におけるサイバーセキュリティのリスク管理が必須となっています。ISO/SAE 21434が規定するコンセプトフェーズにおいて、TARA(Threat Assessment and Remediation Analysis)手法を使ったリスク評価は不可欠なものであり、製品のライフサイクル全体を通じて持続的に実装されなければなりません。  そこでアウトクリプトは、TARAを用いた脅威分析をより容易に実施できるソリューションとして、獨シーメンスが提供するアプリケーションライフサイクル管理ツール「Polarion ALM」基盤で活用できるTARAテンプレートを提供することとなりました。PolarionのテクノロジーパートナーであるBranvi株式会社との協力により開発されたもので、アプリケーションのライフサイクルを通じたセキュリティリスク対応及び最適化が可能になります。  「Cybersecurity TARA Template for Automotive」は、自動車に対するサイバー脅威を洗い出し、危険度によるリスクの分類と評価を行うなど、車載アプリケーションの研究および開発環境におけるワークフローの最適化を実現します。自動車サイバーセキュリティ標準のISO/SAE 21434に準拠し、WP29 UN-R155とAutomotive […]
2023年12月7日

アウトクリプトと日立ソリューションズが業務連携、自動車サイバーセキュリティ分野での協力体制を強化

アウトクリプト株式会社(AUTOCRYPT Co., Ltd.、本社:韓国ソウル、代表取締役 金 義錫/以下、アウトクリプト)は、車載組み込みシステム及びV2Xセキュリティ分野において、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)とパートナーシップ契約を締結したことをお知らせします。   ■背景 近年、SDV(Software Defined Vehicle)への移行が加速するにつれ、自動車業界で組み込みソフトウェアの重要性が高まっています。車両ライフサイクルのさまざまな場面で、ソフトウェアに関わる技術が統合されるようになり、お客さまから求められるセキュリティに対するニーズも高度化しています。ソフトウェアの脆弱性を突いた新たなサイバー脅威が増えることから、SDVの開発や生産に関わる自動車OEMやサプライヤー企業には、車載組み込みシステムに特化したセキュリティ対策の実施と脅威に対する常時管理体制を整えることが求められています。 アウトクリプトは、自動車サイバーセキュリティ分野における専門性を有しており、国連が決めているWP29規制への対応に欠かせないさまざまなセキュリティツールの開発および高度化に取り組んでいます。今年の9月には、ソフトウェアの脆弱性を見つけるためのファジングテストツール「AutoCrypt Security Fuzzer」の最新バージョンを提供しました。 日立ソリューションズとは、同社の「V2X Middleware Platform」と当社のV2X用セキュリティ・ライブラリの連携により、V2Xセキュリティ分野での協力関係を深めてきました。V2X通信の信頼性確保から車載組み込みシステム領域までビジネスにおける連携を広げ、日々高度化するセキュリティ脅威の課題を解決するとともに、自動車を取り巻く環境全般に対し共同で対応できることから、今回のパートナーシップの契約に至りました。 このパートナーシップ契約を通じて、両社は日々高度化が求められるお客さまのセキュリティニーズに対し、日本市場に特化したソリューションの提供とサポート体制をより一層強化していきます。   ■アウトクリプト株式会社について     アウトクリプト株式会社は、次世代のモビリティ社会の実現に向けた自動運転セキュリティ及びMaaSソリューションを手掛けています。自動運転セキュリティ分野では車載システム向けセキュリティソリューション「AutoCrypt IVS」、 自動車及び交通インフラのためのセキュリティ通信ソリューション「AutoCrypt V2X」を提供し、WP29及びISO/SAE 21434、IEEE 1609.2 […]
2023年10月6日

アウトクリプト、「ジャパンモビリティショー2023」に出展

この度、アウトクリプト株式会社は、2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023(JAPAN MOBILITY SHOW)」の特別企画展示「Startup Future Factory」に出展します。 アウトクリプトは、10月31日(火)、11月1日(水)両日にかけて、防災をテーマにした特設ブースで、WP29 UN‐R155及びISO/SAE21434に準拠したCSMS(サイバーセキュリティ管理システム)の確立及び運用戦略を提案させていただきます。また、車載ソフトウェアのOSS分析ツール「Autocrypt Security Analyzer」、車載専用のファジングテスティングツール「AutoCrypt Security Fuzzer」、車載サイバーセキュリティソリューション「AutoCrypt IVS」まで、自動車開発プロセスにおける問題の早期発見と分析、問題に適した解決策までの一連の流れをカバーできる様々なラインナップを展示します。 最新の自動運転技術及び自動車サイバーセキュリティに興味のある方は、当社ブースにぜひ足を運んでいただければと思います。 ■イベント概要   ◆名称:ジャパンモビリティショー2023(JAPAN MOBILITY SHOW) ◆会期:2023年10月26日(木)~11月5日(日) (一般公開日は、10月28日(土)~11月5日(日)となります。) ◆主催:一般社団法人 日本自動車工業会 ◆会場:東京ビッグサイト 公式HP:https://www.japan-mobility-show.com/ ■当社出展情報 ◆会期:2023年10月31日(火)~11月1日(水) 09:00~19:00 ◆出展ブース位置: […]
2023年8月24日

アウトクリプト、「韓国次世代モビリティ技術展2023」に出展

この度、アウトクリプト株式会社は、2023年9月5日(火)から6日(水)に開催される「韓国次世代モビリティ技術展2023」に出展いたしますのでお知らせします。昨年に続き、2年連続の出展となります。 日本のみならず海外でも続々と電動化やEV化が推し進められており、サイバーセキュリティの重要度はますます高まっています。自動車メーカーやサプライヤー企業にもWP29サイバーセキュリティ法規に基づくCSMS構築の対応が求められる中、具体的にどう対応していくかが課題となっています。 今回の出展では、WP29法規の参照先であるISO/SAE21434に基づくサイバーセキュリティ実装の進め方として当社が提案するコンサルティング対策をご紹介します。また、統合型サイバーセキュリティソリューション「AutoCrypt IVS」から、車載ソフトウェア専用ファジングテストツール「AutoCrypt Security Fuzzer」や車載OSS脆弱性診断・自動分析ツール「AutoCrypt Security Analyzer」まで、自動車サイバーセキュリティ専門企業ならではの製品ラインナップを展示します。 当社は、15年以上培ってきた自動車サイバーセキュリティ技術ノウハウと国内外での実装経験を活かし、今後も、お客様のセキュリティ課題解決に向けて取り組んでまいります。   ■イベント概要   ◆名称:韓国次世代モビリティ技術展2023 ◆会期:2023年9月5日(火)~9月6日(水),10:00~17:00 ◆主催:KOTRA(韓国貿易センター名古屋) ◆会場:ポートメッセなごや コンベンションセンター ◆開催形式:会場開催(参加無料・事前登録制) 公式HP:https://kor-mobitech.com/  ■出展製品の詳細について  AutoCrypt IVS:https://www.autocrypt.jp/in-vehicle-system-security/ AutoCrypt Security Fuzzer:https://www.autocrypt.jp/security-fuzzer/ AutoCrypt Analyzer:https://www.autocrypt.jp/security-analyzer/
gdpr-image
当ウェブサイトでは、お客様のニーズに合ったより良いサービスを提供するために、クッキーを使用しています。詳細については「個人情報の取り扱い」をご確認ください。